一応、オオミズナギドリ

さっきテレビを見ていて、あるご夫婦の思い出の場所の夕陽が映っていて、とてもきれいな場所でした。
と、女房が"私達の思い出の場所って、ある ?"
考えてみましたが、特に思い浮かばず、やっとしいてあげればと思ったのは、良く待ち合わせした無機質な駐車場です。
こういうことも考えて場所を選ぶなんて、考えてもみませんでした。
"まあ、これからつくれば良いさ !"
なんとか、お茶を濁しました。

気を取り直して、鳥です。
少し波が高いという日に、海まで行きました。
たしかに波が高く、沖の方にミズナギドリが乱舞していました。
風も強く、何も遮るもののない堤防の上での観察はもろに風を受けました。
打ち寄せる波には近づきませんが、風に乗ってしぶきがかかります。
すぐにメガネについて、視界が曇ります。
バカですよね、それでも写真を撮ってみました。

今回は、50倍コンデジで、てきとうにとりあえず撮って、写っているのをあとで確認しようとやってみました。

kimsbird7820.jpg
2014年9月 茨城県

オオミズナギドリですね。

そして次ー。

kimsbird7822.jpg
2014年9月 茨城県

全身黒くて、クチバシは黒く感じません。
アカアシかな ?
と、喜びましたが、拡大して見てみると、やはりオオミズナギドリのようです。
光のいたずら、影で本来白っぽいところが黒く写ったようです。

そして次はー。

kimsbird7824.jpg
2014年9月 茨城県

尾に特徴がー。
こういう模様は何だっけかなと考え、クロアシアホウドリにいたっけ ?
下に写っている鳥と大きさが違うなどと、自分に良いように解釈しようとしますが、鳥までの距離はわかりませんので、大きさは比べられません。
やはりこれもオオミズナギドリでしょう。

でも、こうしてたまたま違うのが写っていたら、楽しいですよね。
陸からでも、そのうち違うの、撮れるような気になってます。
関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

kim

Author:kim
茨城県在住
趣味でバードウオッチングをしています。

最新記事一覧
色づいた水面 ② 2019/12/06
色づいた水面 2019/12/04
間が空きました 2019/12/01
家でイソヒヨ 2019/11/21
やっぱりタヒバリ 2019/11/19
田園の猛禽 ハヤブサ 2019/11/17
田園の猛禽 オオタカ 2019/11/15
田園の猛禽 2019/11/13
ミヤマガラスの渡来? 2019/11/11
メスタイプ 2019/11/09
冬鳥の代表?ジョウビタキ 2019/11/07
混群 2019/11/05
キセキレイ 2019/11/03
長逗留 2019/11/01
長野の蝶 その3 タテハ類 2019/10/30
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

windy
検索フォーム
リンク
QRコード
QR