鳥の世界もきびしい

昨日はニュースで、わが町の名前をよく聞きました。
ひとつはひき逃げ事故で、もうひとつ殺人事件の公判のニュース。
こんな田舎町の名がニュースに取り上げられるなんて、どうとらえたらいいのか?
メディアで毎日悪いニュースを聞くので、世の中殺伐としているように感じてしまいがちになりますが、そんな悪いことと関係ない人たちの方が、明らかに絶対数多いわけで、普通のことはニュースにならないだけなんですけどね。

さて、海では目的によって、重点的に見る箇所が変わってきます。
たとえばミズナギドリ類なら、堤防から沖合をスコープで見る、またたとえば、冬にカモメ類なら、港周辺や堤防の上、と言う具合です。
今回はシギチ、と思っていたので浜辺を歩いてみました。

歩いていると、なにかが落ちていました。
何だろうと近づいてみると、鳥の死骸です。
落ちているという表現はおかしいかもしれませんが、そう思いました。
でも、波によって運ばれたのでしょう。
よく見ると、割と新しい感じがしました。
ミズナギドリ類かなと思いましたが、くちばしがくすんだオレンジっぽく、ミズナギドリ類より太く、何だろうと考えました。
ウミスズメにしては大きく、ウトウかと思います。
幼鳥はこんな感じだったように思いました。

この時は10月でしたが、あの時期にウトウがこのあたりまで来ていたのかと驚くとともに、自然のきびしさを痛感しました。
ここでは以前も、ミズナギドリ類の死骸をいくつか見つけたことがありますが、鳥の世界も生と死が隣り合わせなんですね。
鳥にとっては悪いニュースでしょうが、稀なことではないのでしょうね。

見ることでさえいやな方もいると思うので、続きを見るのほうにUpします。
いやな方はクリックしないでください。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

kim

Author:kim
茨城県在住
趣味でバードウオッチングをしています。

最新記事一覧
色づいた水面 ② 2019/12/06
色づいた水面 2019/12/04
間が空きました 2019/12/01
家でイソヒヨ 2019/11/21
やっぱりタヒバリ 2019/11/19
田園の猛禽 ハヤブサ 2019/11/17
田園の猛禽 オオタカ 2019/11/15
田園の猛禽 2019/11/13
ミヤマガラスの渡来? 2019/11/11
メスタイプ 2019/11/09
冬鳥の代表?ジョウビタキ 2019/11/07
混群 2019/11/05
キセキレイ 2019/11/03
長逗留 2019/11/01
長野の蝶 その3 タテハ類 2019/10/30
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

windy
検索フォーム
リンク
QRコード
QR