クサシギ

タカブシギに似ている種に、クサシギがいます。

kimsbird6087.jpg
2013年8月 群馬県

越冬もしていますので、ときどき出会えます。
眉斑が目のところでとまっているのが、タカブとの違いです。
タカブシギは眉斑がはっきりと白くあります。
そしてクサシギのほうが色が黒く、タカブのほうが白が多く入ります。
色合いではイソシギにも似ています。
イソシギはお腹からの白が、肩のあたりにくい込んでありますので、違いはあきらかです。

kimsbird0454.jpg
イソシギ 2006年5月 千葉県

タカブシギもクサシギもイソシギも、地味なシギで、稲刈り後の田んぼやハス田では、みごとな保護色です。
動かないと気づかないこともあります。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

タカブシギ

kimsbird6027.jpg
2013年8月 群馬県

この写真のタカブシギは、今月はじめのころに撮ったものです。
ここの水張り休耕田も、連日の猛暑で、お盆過ぎにはほとんど干からびてしまいました。

kimsbird6042.jpg
2013年8月 茨城県

タカブシギは、シギのなかでは最も普通の鳥です。
見る機会は多いですが、特別な特長のないシギです。
大きさは中ぐらい、くちばしは長からず短からず、模様も地味、脚の長さも長からず短からず、みんな中途半端です。
と思うのは、私の感じかたであって、タカブシギにしてみれば、勝手なことで、'うるせ〜'と怒られそうですけど…。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオハシシギ

今年はあまり稲敷の方に行っていません。
国の政策が変わったためでしょうが、休耕田がなく、少しあっても水がなく、シギチが見られるところがほとんどないからです。
唯一と言っていい、シギチのいたところで見た、オオハシシギです。

kimsbird6040.jpg
2013年8月 茨城県

夏羽の残っているのがわかります。
はじめの頃は2羽、その後だんだん増えてきたようです。

kimsbird6057.jpg
2013年8月 茨城県

稲敷では毎年、越冬する個体群がいますので、このままほとんどの個体は近辺に残るのではないでしょうか。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

エリマキシギ

バードウオッチングをはじめて、少し経った秋に、台風で私が町の利根川河川敷が干潟のようになったことがありました。
その時、いろんな種類のシギチが見られました。
後にも先にも、この時だけのことで、たまたまだったようです。
はじめて間もない頃なので、識別に手こずりました。
一羽、どうも違うのに、わからず、タカブだろうとしていた写真がありました。
いつの間にか、多少はわかるようになり、見直してみて、エリマキシギだとわかりました。
わが町で私がエリマキシギを見たのは、今でもこの個体だけです。

kimsbird6004.jpg
2013年8月 群馬県

わが町では見られなくても、少し車で行けば、毎年渡りの時期には見ることができます。
越冬することもあります。

kimsbird6014.jpg
2013年8月 群馬県

名前の通り、繁殖期に襟巻き状の飾り羽におおわれます。
春は生え揃う前に繁殖地に旅立ち、秋は抜け落ちてから戻ってきます。
稀に襟巻きの残った個体が見られるようですが、なかなか私はめぐりあえません。

kimsbird6015.jpg
2013年8月 群馬県

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コアオアシシギ

コアオアシシギは、10年前くらいまでは、珍鳥の部類だったと記憶しています。
単に私が見たことがなかった、と言うことだけではなく、見る機会の少ない鳥だったと思います。

kimsbird6069.jpg
2013年8月 群馬県

最近では、毎年見られます。
今頃からの秋の渡りが多いですが、春にもみられます。
個体数が増えているのなら良いのですが、そうではなく別の理由の気がします。

kimsbird6068.jpg
2013年8月 群馬県
2枚とも同一個体

その名まえの通り、アオアシシギに似ていますが、小さいです。
くちばしも、細くとがっています。

脚が長く、細身の白っぽいシギで、なかなかカッコ良いです。
でも、採餌の仕方はせわしなく、落ち着けよ!と言いたくなります。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

山陰家族旅行その10

今回の家族旅行の旅行記のようなものを、長々と引っ張りました。
これで終りです。

kimsbird6002.jpg
鳥取空港から帰路につきました。

行った先々の周りで、豪雨の被害が出ていたにもかかわらず、着いた時以外、ほとんど降られませんでした。
我が長男は、晴れ男のようで、今回もそのおかげ、だったと思っています。
少し予定を変更せざるを得ませんでしたが、ほぼ行きたかったところ、見たかったもの、満足できるものでした。

kimsbird6003.jpg
飛行機内からの,富士山。

鳥見として、不満足でしたが、もともと家族旅行と割り切っていたので、これはこれで良しです。
遅いとわかっていたにもかかわらず、とりあえずの、コノハズクにも会えたし、御の字です。
鳥のブログですので、最後に砂でできた、フクロウです。

kimsbird6001.jpg

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

山陰家族旅行その9

鳥取砂丘、"砂の美術館"、砂の彫刻が体育館のような建物の中にたくさん作られていて、素晴らしかったです。

少し前にテレビで、世界が尊敬する日本人100人、に選ばれた砂の彫刻師を紹介していて、それを覚えていて、ここの砂の像にも、その方が総合プロデューサーとして参加されていました。

kimsbird5998.jpg

kimsbird6000.jpg

写真をUpしていますが、写真では本物の質感などは無理ですね。実際、本当に砂?と思いますが、近くで見ると、砂でした。立っている細い棒など、よく倒れないな、と不思議です。これも手入れが大変そうでした。

kimsbird5999.jpg
この写真は壁面が砂です。

時間つぶしが、思いの外、拾いものでした。

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

山陰家族旅行 その8

最終日、コノハズクの幼鳥に会った後、鳥取砂丘に行きました。
多少晴れ間もある天気で、暑いです。

砂丘が一望できるところに行くと、なるほど砂丘でした。
ラクダも乗れるようでした。
目の前の、と言っても距離はありそうですが、岡まで歩いて行く人の列が見えます。さすがにそんな興味も、元気もありません。家族も同じでした。

kimsbird5996.jpg

お昼を過ぎてしまっていたので、お昼をここで食べ、さて、予定は終わりました。
帰りの飛行機の時間まで、まだ時間があります。
時間つぶしで、近くにある"砂の美術館"と言うところに行ってみました。
と、すごかったです。

kimsbird5997.jpg

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

キアシシギ

海に行くと、少しは鳥を探します。
いつもならこの時期、少しシギチがいるはずのところを見てみましたが、人が入っていて皆無でした。
貝を採っているようでした。
それぞれ楽しみは違うでしょうから、しかたないですね。

kimsbird6061.jpg
2013年8月 茨城県

少し離れたところに、ウミネコがいて、そこでキアシシギが数羽いました。

kimsbird6062.jpg
2013年8月 茨城県

他にシギチは、コチドリにイソシギしか見ませんでした。
海でも期待外れでした。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

海水浴

暑いです。
鳥見も、なかなか行く気になれません。
それでもこの前、海水浴に行って来ました。

kimsbird6064.jpg

海では、暑いなかでも風があり、海にも入りますので、なんとかしのげます。
水温もぬるかったです。

kimsbird6059.jpg

帰ろうと片付けをして、シャワーを浴び、着替えると、もう汗だくです。
日焼けも重なり、体がほてって、さらに汗だくです。
なんでもそうですが、楽しかった'あと'が大変ですね。

kimsbird6060.jpg

テーマ : 海のある風景
ジャンル : 写真

山陰家族旅行その7

出雲から鳥取までの旅行で、少し山の方に行けば、鳥見人の間では有名なところがあるので、行かない手はないと、やはり行ってみました。
旅行に出かける前、ネットで検索してみましたら、今年はみんな巣立って、静かな森だということでした。
遅かったかとあきらめようとしましたが、運が良ければ、出会えることもあるかと、かすかな望みで行きました。

kimsbird5994.jpg

ここかと現地に着きました。
駐車場には、車が二台、やはり期待薄です。
歩いて、事務所らしきところに向かいます。
三人の人が、話しています。
あいさつをして、鳥について聞いてみると、目の前を指差しました。

見ると、鳥がいます。
コノハズクの幼鳥のようです。

kimsbird5992.jpg
2013年8月 鳥取県

聞けば、数日前にみんな巣立ったのだけれど、この個体は,脚をケガしてしまったとのことでした。
樹に止まることも容易ではないので、保護したとのことでした。
餌を与えると食べるし、元気もあるとのことでしたが、歩けるようになるかはわからないとのことでした。

見たかったコノハズクが、とりあえず見られました。
もう遅くて見られないと思っていましたが、運はあったようです。
でも、この子の運は?

うずくまっているので、ほんとうに小さかったです。
それにしても、がんばって良くなってほしいですね。

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

山陰家族旅行その6

今回の旅行は、家族旅行でしたので、鳥見の予定はたてませんでした。
結果的には最終日に時間が取れたので、一ヶ所行きましたが…。

大満足で「月代」のベランダでコーヒーを飲みながら、のんびりしていたら、ツバメが数羽飛んで行きました。
尾が長く、コシアカツバメと思う個体も2羽見ました。でも、双眼鏡も持っていかなかったので、はっきりとはしません。
すると、斜め前の家の屋根に、イソヒヨドリ。

kimsbird5984.jpg
2013年8月 鳥取県

夕方、アオサギが割と近くの木に止まりました。

kimsbird5987.jpg
2013年8月 鳥取県

旅行中、特にたいした鳥を見ませんでした。
本来なら、ブッポウソウでも見に行くところですが、家族サービスに徹しました。
そして一ヶ所だけ、もう遅いのはわかっていましたが、せっかくこっちに来たので、とりあえず行ってみました。
それは次回ー。

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

山陰家族旅行 その5

そう言えば、少し前の携帯電話のコマーシャルで、鳥取のハワイ、と言うのがありました。
今回泊まる宿の方です。家族に、行ってみようかと提案しましたが、あえなく却下されました。うちの家族は流行とかに左右されないんですよね。でもそれが結果的に良かったです。

今夜は,三朝温泉というところです。
今回の旅行の日程などをネットで調べていて、たまたま見て、本館と違い、別邸があるとのこと。そのホームページを見て、間取りや写真、女房と"良いんじゃな〜い"と、そして食事も鮑やステーキ、高いかなと思いきや、高いけどこの内容なら安いと、決めました。
実際、今回の旅行で、この宿に泊まるのが一番の楽しみになったと言えます。

少し山の方に川沿いを行くと、三朝温泉があります。これも"みあさ"と読むと思っていましたが、"みささ"だそうです。
良くも確認していなかったので、宿の場所がわかりません。当然,看板があるものとたかをくくっていました。それらしいのは見つけられず、まさかと思う一方通行の車が入って良いのか分からないような道に入ってみました。少し行くと、ありました。橋津屋という旅館です。

kimsbird5989.jpg

ここ ? と、まず、がっかり!
いわゆる古いひなびた温泉街のなかの小さな温泉宿です。
ホームページの写真にだまされたと思いました。
あまりにも私が期待しているので,女房は、あまり期待しないほうが良いよ、と言っていたのが当たってしまった感じです。
駐車場もわからず、そんな狭い道をふさいで車を止めて、聞きに行こうとしたら,宿から出て来てくれました。そして宿脇に止めてくださいとのこと、対応は良好です。
でもこんな密集したせまい温泉街で、別邸なんてどこにあるんだろうと危惧しました。
フロントに上がるも,当然せまいです。でもお茶菓子に冷たいお茶など,対応は良好です。
まあ、あまりに期待していたので、それに今更しょうが無いし、別邸なるものに案内してもらいました。

歩いて一分くらいでしょうか ?
新しい家を紹介されました。
木戸をくぐり、玄関を入り、中を見て、"オーー!!"
ホームページの写真通りの部屋です。
一目で気に入りました。

部屋の写真などは、宿のホームページに載っているので詳細は省きますが、別邸なので,一日一組だけ。
食事は本館に行ってになりましたが、たぶん普段は宿泊にも使っていた部屋だろうと思われるところでした。
少しあった蟹は、時期ではないのでもう一つでしたが、鮑は生きていて動いているし、他はたいへんおいしく、口にあいました。大満足でした。

kimsbird5988.jpg

接客のおばさんも、我が家族にはちょうど良くて、別邸なので干渉も全くなく、ほんとのんびりできました。
部屋にネスプレッソと言うのかな? があって、飲み放題、内風呂に露天風呂、ベットもシモンズ製で寝心地良し、テレビも大型2台、大だいダイ満足でした。
家族も喜んでくれ、女房は帰りたくないと言っていました。

kimsbird5990.jpg

内容から、関東だったら、あと一万くらい高いんじゃないかと感じました。
曇りで大山が見えず、予定より早くなって、チェックイン開始時間くらいに着いてしまい、鳥取のハワイにも行かず、結果的に長くここに居られて良かったです。久しぶりに再訪したいと思える宿でした。
でも、ちょっと遠いですが…。

三朝温泉、橋津屋、別邸"月代" というところです。

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

サギ類。

この時期、田んぼに、シギチドリをさがしに行くと、サギ類がたくさん見られます。
ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アマサギがいます。
シギチが見られれば、サギには目が向かないのですが、このところシギチが少ないので、少しサギ類を撮りました。

まずダイサギです。
kimsbird6023.jpg
2013年8月 群馬県

次は、チュウサギ。
kimsbird6022.jpg
2013年8月 群馬県

名前の通り、大きさが違います。
くちばしの長さも違います。
見る時期でくちばしの色が変わりますので、また取り上げるかと思います。

そして、コサギです。
kimsbird6049.jpg
2013年8月 茨城県

おまけに、アオサギです。
kimsbird6063.jpg
2013年8月 茨城県

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

山陰家族旅行 その4

ゲゲゲの鬼太郎を後にして、宿に向かいました。
皆生温泉というところです。"かいせい"と読むのだとばかり思っていましたが、"かいけ"と読むようです。
美保湾沿いで、海がきれいでしたが、少し青空が見える程度で、曇りでしたので、快晴だったらもっときれいだったのでしょう。夕陽も本当はきれいなのでしょうけれど、この日はだめでした。

三日目、10年連続日本一に輝いた庭園のある、足立美術館に行きました。
今回の旅行を決めてから、たまたま見たテレビ、BSだったと思いますが、詳しく紹介していて、基礎知識は頭に入れることができました。

kimsbird5976.jpg

後ろの山は本物の山で、借景をしているとか、上の写真には写っていませんが、滝は本当の山に後から作ったとか、いずれにしてもみごとな庭園です。手入れが大変だろうなと素人の私でもわかります。家にあったら良いですが、すぐにジャングルに変身してしまうでしょうね。

kimsbird5981.jpg

美術館内部、メインは横山大観です。
もちろん他の作者の絵もあり、鳥が描かれているものは構図など、"へえー"と言うものばかりでした。
そうそう横山大観って、茨城県生まれだったんですね。

kimsbird5980.jpg

その後、予定では、大山の麓をドライブして、乳製品でも食べながらと思っていました。
ですが、あいかわらずの曇り空、見えるはずの大山がまったく見えません。雲の中です。これでは仕方ないので、ゆっくりと宿のあるほうに向かいました。

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

CalendArchive
プロフィール

kim

Author:kim
茨城県在住
趣味でバードウオッチングをしています。

最新記事一覧
また1羽のみ 2017/10/19
オスも会えた 2017/10/17
またまた、ツツドリ 2017/10/15
メスタイプ 2017/10/13
この日の他のシギたち 2017/10/11
セイタカシギ 2017/10/10
2羽、3羽、4羽 2017/10/08
今季、やっと 2017/10/06
藪を潜入 2017/10/04
1羽、いた 2017/10/03
またツツドリ 2017/10/01
白いキジ 2017/09/29
顔だけ 2017/09/28
タシギばっか 2017/09/26
この日見たシギ 続き 2017/09/25
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

windy
検索フォーム
リンク
QRコード
QR