シギチ

シベリアオオハシシギを見に行った所には、前述のアカアシシギや、他にもシギチがいました。
繁殖地に渡らずに、ここにいたものもいるのかとも思いますが、早くも渡りは始まっているのですね。

kimsbird5919.jpg
2013年7月 東京都

この写真のなかに、6種類のシギチが写っています。
アオアシシギ、ソリハシシギ4羽、シベリアオオハシシギ、キアシシギ、アカアシシギ、そして右下にコチドリが半分。

他には、セイタカシギがいました。

kimsbird5912.jpg
2013年7月 東京都

渚のほうには他の種類もいたようですが、暑くて見にいきませんでした。

そろそろ田んぼのほうでもシギチが見られる時期です。
行って収穫があれば、また紹介させてもらいます。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

暑中お見舞い 2

時々、涼しい日がありますが、相変わらず、暑いです。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか ?
前回の暑中見舞いは、南の島の海の写真を貼ってみましたが、やはり涼を感じるのは寒い冬の写真のほうが良かったかな ? と思い直しました。
で、ふたたび暑中お見舞い申し上げます。

まずは雪山。

kimsbird3923.jpg

そして雪原のタンチョウのシンクロ。

kimsbird2033.jpg

こんなのも涼を感じますかね ?

kimsbird4961.jpg

第三弾は、ありません。

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

シベリアオオハシシギとオオハシシギ

シベリアオオハシシギ、その名の通りオオハシシギに似ています。
と言っても、シギの類いは似ている種が多く、色合いも似ているので、慣れないと区別が難しいです。
はじめの頃は、とりあえず写真に撮って、帰って図鑑とにらめっこをしていました。
それでも種を特定できず、数年してから見直して、すぐに分かったりしました。
これもフィールド経験、見慣れることが大事なんですね。

子供のころ、白人の顔がみな同じに見えました。
ビートルスの4人が区別できませんでした。
今思うと、なんでできなかったのか ? 不思議です。

今回のシベリアオオハシシギとオオハシシギの写真を比べてみます。
まず今回のシベリアオオハシシギ。

kimsbird5929.jpg
2013年7月 東京都

参考に以前見た、シベリアオオハシシギ幼羽

kimsbirdShiberiaoohashishigi02.jpg
2008年8月 東京都

そして、オオハシシギ夏羽後期。

kimsbirdOohashishigi.jpg
2006年8月 茨城県

体との比率の嘴の長さは同じようですね。
オオハシシギのほうが、少し小さいので、並んでくれれば良いのですが、そういう場面はなかなか。

細かい違いは図鑑にまかせるとして、まずはシベリアオオハシシギの一枚一枚の羽根は、先がとがり気味で、笹の葉がぶら下がっているようです。
比してオオハシシギはうろこ状の感じで、あきらかに違います。
オオハシシギの場合、冬羽はちょっと葉っぱぽくなりますので良く見る必要が出て来ます。
他にアメリカオオハシシギと言うのもいるようで、これは見たことがありません。
名前の通りアメリカ大陸の鳥ですが、オオハシシギとうり二つのようです。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アカアシシギ

シベリアオオハシシギといっしょに来たという、アカアシシギです。

kimsbird5921.jpg
2013年7月 東京都

成鳥のようです。
北海道の野付半島で繁殖しているのは有名です。
この個体は、何処から来たのでしょう。
シベリアオオハシシギを伴って来たということは、もっと北の方なのでしょうね。
秋の渡りの時期には、茨城でもたまに見られます。
私も何度か出会えたことがあります。

今回出会えたこの場所では、越冬する個体がいる年もありました。
当然、冬羽になるわけですが、そうすると文字通りのアカアシが薄い色になります。
良くツルシギと比較されますが、細部はあきらかに違います。
いずれ比較しようと思いますが、今回は寒い時期のアカアシシギの写真を参考に載せてみます。

kimsbird0930.jpg
2007年3月 東京都

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シベリアオオハシシギ

鳥の少ないこの時期、まして渡りにはまだ早いと思っていましたが、鳥の世界は、不思議です。
2月や3月のまだ寒い時期から繁殖地を目指して移動をはじめるものもいれば、6月になってもノンビリしているものもいます。
今月はじめに、シベリアオオハシシギの情報がありました。
繁殖に参加しない若い個体なら、近辺を漂っていたのだろうと理解出来ますが、今回は成鳥でした。
ちょっと早い渡りのようで、繁殖に失敗したのかと危惧してしまいます。
でも渡りはもう始まっているのですね。

すぐには行けなかったので、ノンビリ、次の休みの日に行ってみました。
暑くなるだろうし、人が多いと嫌だなぁ、と思い、始発で行ってみました。

kimsbird5931.jpg
2013年7月 東京都

風がなく、ただ見ているだけで汗が出てきました。
人はそこそこいましたが、思ったほどではありませんでした。
鳥までの距離があり、思うようにはいきませんでしたので、午前中で切り上げました。

kimsbird5933.jpg
2013年7月 東京都

数年前、幼鳥を見ましたが、成鳥は初めてでした。
西の方では、春の渡りの時期に見られることがあるようですが、関東では稀な鳥です。
アカアシシギと一緒に来たとのことで、割と長くいてくれるといいなと思っていましたが、私が見た数日後には居なくなったようです。
アカアシは、ここでは越冬する個体もいるくらいですので、いっしょに長い間楽しませてくれれば良かったのですが…。

発見時より、赤味が少し薄れてきていたとのことで、早、換羽がはじまっていたようです。
ともあれ、珍しいシギに会えて、良かったです。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

暑中お見舞い

毎日、暑い日が続いています。
暑い日と言うより、猛烈に暑いですよね。
この時期、鳥も決まった鳥ばかりになり、何処に行こうか迷います。
その上この猛暑では、出不精にもなってしまいます。
仮に鳥見に行っても、根気が続きません。
南の島や、北の大地にでも行きたいです。
でも、今年は予定していないので、以前行った時の写真でも載せてみます。

IMG_0113.jpg

これは宮古島の与那覇湾です。
ちょっとリッチな気分で、東急リゾートに行ったときの写真です。
また行きたいですけど、ここには泊まれないかなー ?

DSCF0896.jpg

これは沖縄の海だったと思います。
南の島の海、こちらの海と色がまったく違って、変なたとえですが、バスクリンのお風呂の色のようです。
少しは涼しい感じが出ましたでしょうか ?
でも実際は、海の温度も冷たくないんですよね。
ぬるいお風呂の感じ、やっぱりとてつもなくでっかいお風呂でした。

鳥のブログなので、宮古島のエリグロアジサシの写真を最後に載せます。

kimsbird2366.jpg

テーマ : 海のある風景
ジャンル : 写真

アオバズク

アオバズク、今年は少し前に、居るかな?、と行きましたが、探せませんでした。
カメラマンも誰もいなくて、今年は来ていないのかと思いましたが、先日、また確認に行ってみました。

現地に着くと、4人の方がいました。
と言うことは、間違いなく居るということです。
あいさつをして、カメラの向く方を見てみましたが、わかりません。
教えていただき、確認することができました。

kimsbird5942.jpg
2013年7月 茨城県

前回もいたのでしょうが、探せなかっただけだったのでしょう。
今回も、誰もいなかったら探せなかったと思います。
他力本願、自分で見つけた時よりはうれしさは半減ですが、見られて御の字です。
現地でお会いした方々に感謝です。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒタキ三兄弟

久しぶりに、サメビタキを見ることができましたので、この機会に、似ているサメ、コサメ、エゾのヒタキ三兄弟の写真を並べてみます。

まずはサメビタキ
kimsbird5911.jpg
サメビタキ 2013年6月 栃木県

次はコサメビタキ
kimsbird5598.jpg
コサメビタキ 2013年4月 栃木県

そしてエゾビタキ
kimsbird4317.jpg
エゾビタキ 2011年10月 栃木県

一番わかる違いは、胸の縦斑でしょうか ?
でも秋口の渡りの時の幼鳥は、注意が必要です。
他に、初列風切の先端の尾羽との位置の違い、嘴の長さの違いなどあります。
三種ともに、目がクリッとして、かわいい顔ですね。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

サメビタキ

コマドリも撮れたし、エゾムシクイ、メボソムシクイも見られたし、帰ろうと歩いて行きます。
来た時は早朝だったからか、ほとんど人に会いませんでしたが、帰りは小学生の団体も含めて良く人とすれ違いました。
おばさん二人とすれ違うとき、私が道を開けて待っていました。
すると、木の上で動く鳥に気づきました。
なんだろうと双眼鏡で見てみると、久しぶりのサメビタキでした。

kimsbird5906.jpg
2013年6月 栃木県

がぜん力が入りました。
この周辺にいるとは知っていましたが、今まで見ることが出来ませんでした。
数年前に、幼鳥を見ただけでしたので、とてもうれしく、おばさん二人に感謝です。

kimsbird5904.jpg
2013年6月 栃木県

枝に止まり、あたりを見回し、虫を見つけると飛んで捕まえ、同じ枝に戻るという、フライングキャッチをずーっとしていました。
ですので、ゆっくり写真も撮れました。

たまに違う枝にも止まることがあり、目の前の、この枝に止まるとイイなあー、と思っていたところにも一度だけ来てくれたのですが、その時、シャッターがおりませんでした。
何だなんだ、とカメラを見ると、電池切れ、
こういうものですね。

しかしながら、大満足で充実した時間を過ごすことができました。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コマドリ、続き

少ないながらも、コマドリに会えたので、満足して歩いて行くと、他の鳥の鳴き声に混じって、タッタッというかカッカッというか、そんな地鳴きのような声がしました。
それも足もとです。
アオジあたりかな ? とも思ったのですが、アオジの地鳴きとは違います。
探すと、動くものが…、声の主がいました。
コマドリです。

kimsbird5895.jpg
コマドリ 2013年6月 栃木県

ほんと目と鼻の先、という感じでしょう。

kimsbird5896.jpg
コマドリ 2013年6月 栃木県

こちらを気にはしていますが、飛んで逃げないで、餌を探しているように動きながら、少しの間楽しませてくれました。
至福のときを過ごし、この日はもう大満足でした。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コマドリ

今回行ったフィールドは、例年コマドリが多くいるところです。
ところが、あまり鳴き声が聞かれませんでした。
散発的に鳴く程度で、当然なかなか姿も探せませんでした。

他の鳥を探したりしていたら、少し先の方で鳴き声がしました。
近づくと、鳴いているのはカーブしていて見えない先のようです。
そろーと、覗いてみると…、いました。
歩道の際のところでさえずっています。
まず撮ったのが、これ。

kimsbird5885.jpg
コマドリ 2013年6月 栃木県

ある程度写真を撮ったので、また、歩道なので山歩きの人が来れば飛んでしまうので、ダメもとで、ゆっくり少し近づいてみました。
なんとか飛ばれずにすみました。
それが、これ。
少し大きく撮れました。

kimsbird5883.jpg
コマドリ 2013年6月 栃木県

調子に乗って、もう少しー。
しゃがんだままで、ゆっくりー、ゆっくりー。
今度も大丈夫でした。
伸びをしてくつろいでいてくれました。
それが、これ。
だいぶ大きく撮れました。

kimsbird5892.jpg
コマドリ 2013年6月 栃木県

でもこれでやめました。
幸い、割と長い時間、他の人は来なくて、コマドリにつきあってもらいました。

ところが、この日はもっと近くで見ることができたのです。
それは、次回ー。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

エゾムシクイ

ムシクイ類は姿形が似ています。
似ていると言うより、そっくりです。
写真の細部をよく見てもわからないこともあります。
でも実物を見ていると、なんとなく違い、たぶんこれだ、と思えます。
やはり、フィールド経験が大切なのだと思います。

kimsbird5873.jpg
エゾムシクイ 2013年6月 栃木県

まあ、鳴いてくれれば間違うことはないのですが…。
おおまかですが、センダイムシクイ、エゾムシクイ、メボソムシクイの順で、だんだん高度の高いところにいるようです。
もちろん重なるところも、三種ともぜんぶいるところもあります。
先日行った山では、三種ともに鳴き声が聞かれました。
そんななかでエゾムシクイが多かったです。
ひっきりなしに鳴いていて、姿も何度か確認できました。

kimsbird5877.jpg
エゾムシクイ 2013年6月 栃木県

子育て真っ最中のようで、餌をくわえている姿が何度か確認できました。
一度は、あっちに行ったりこっちに来たりと私のそばを離れませんでした。
巣の近くに私がいたのだと思います。
気づいて、その場を離れたのは言うまでもありません。
また来年以降もこの場所に戻ってきてほしいですものね。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヨシゴイ、その他

サンカノゴイのポイントには、数回訪れていますが、比べてヨシゴイが少なく感じました。
それでも少し待っていると、アシ原から飛び出してくれます。

kimsbird5854.jpg
ヨシゴイ 2013年6月 千葉県

たまに見えるところに止まっていることもあります。
今回は遠いところでしたが、長い間止まっていました。

kimsbird5857.jpg
ヨシゴイ 2013年6月 千葉県

ウ、トビなどはずっと飛んでいましたが、サンカノゴイかと思ったらゴイサギ(ホシゴイ)だったときもありました。
また、オオヨシキリは多く、足下にきたときにちょっと下がって撮ってみました。

kimsbird5850.jpg
オオヨシキリ 2013年6月 千葉県

そして、ここに居ついてる、モモイロペリカン。

kimsbird5852.jpg
モモイロペリカン 2013年6月 千葉県

もうしばらく前からいるようですが、けっこうな年齢だろうなと思います。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

サンカノゴイ

先日、オオセッカを見に行った時、サンカノゴイが飛んで行くのを見ました。
そう言えば、昨年は有名なポイントに行ったのに見られなかったのを思い出しました。(渡良瀬では見ましたが…。)
今年はどうかな?と思い、行って来ました。

ポイントには十数人、すでに陣どっています。
人の少ないほうに私も陣どって、少しすると、「帰ってきた」の声!
見ると、田んぼの方から飛んできました。
さっそく連写です。

kimsbird5866.jpg
2013年6月 千葉県

私がいたところの目の前に飛び込みました。
その後、何度か飛んでくれ、途中、田んぼを移動する個体に気づき、遠いながらも写真を撮りました。

kimsbird5868.jpg
2013年6月 千葉県

kimsbird5870.jpg
2013年6月 千葉県

時々、首を出して、あたりを警戒していました。

曇り空でしたが、やはり暑く、それほど長くいませんでしたが、今回はそこそこ思うように事が運びました。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオセッカ

オオセッカは、コジュリン以上に生息地が限られるようです。
幸いというか、行こうと思えば行ける範囲に、オオセッカの繁殖しているところがあります。
数年前に行ったときは、個体数が多く、とても希少な鳥という感じがしなかったのですが、今回は少なく感じました。
そのためか、以前は近くに見られたのに、今回は遠くばかりでした。

kimsbird5829.jpg
2013年6月 茨城県

ジュクジュクジュクとなきながら、数メートル飛び上がり、すぐにアシ原に入ります。
遠くばかりでしたので、写真になりませんでしたが、あえてUpしてみます。

kimsbird5834.jpg
2013年6月 茨城県

とても地味な色合いの鳥です。
こんな写真では、どんな鳥なのかわかりませんね。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

CalendArchive
プロフィール

kim

Author:kim
茨城県在住
趣味でバードウオッチングをしています。

最新記事一覧
やっと今季も 2017/10/21
また1羽のみ 2017/10/19
オスも会えた 2017/10/17
またまた、ツツドリ 2017/10/15
メスタイプ 2017/10/13
この日の他のシギたち 2017/10/11
セイタカシギ 2017/10/10
2羽、3羽、4羽 2017/10/08
今季、やっと 2017/10/06
藪を潜入 2017/10/04
1羽、いた 2017/10/03
またツツドリ 2017/10/01
白いキジ 2017/09/29
顔だけ 2017/09/28
タシギばっか 2017/09/26
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

windy
検索フォーム
リンク
QRコード
QR