アビ

だいぶ前から、夏羽のアビがいると聞いていましたが、そのうち行こうと思いながら、なかなか行けず、先日やっと行って来ました。
そのため、現地で探しても、いません。

「間違ったかな ?」
「ぬけちゃったのかな?」

また、やっちゃった ! と思いましたが、一人、カメラマンがいました。
キアシシギやキョウジョシギを撮っています。

「こんにちは ! アビがいると聞いて来たんですが… ?」
「移動したんですよ。」

kimsbird5713.jpg
2013年5月 千葉県

ということで、会うことができました。
教えていただかなかったら傷心して帰るところでしたので、ありがとうございました。

ですが、きれいなはずの夏羽が、きれいに見えません。
良く見てみると、たぶん油で汚れていました。

kimsbird5711.jpg
2013年5月 千葉県

脚をけがしていると言うことでしたが、その上、油 !
なんとか乗り切ってほしいものです。

ちなみに、冬のアビの写真も載せてみます。

kimsbird2757.jpg
2010年1月 千葉県

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

不明鳥

今回の舳倉島鳥見は、はじめての上に、時間が限られていたので、ああすれば良かったとか、あそこで粘れば良かったとかありますが、いろいろ楽しめたし、無理しても行って良かったです。
すぐにでも又行きたいですが、いつになることやら…。

kimsbird5687.jpg
2013年5月 舳倉島

写真が撮れた中で、この鳥、種類がわかりません。
見たことのない模様で、また、場所が舳倉ですので、珍鳥かと色めき立ちましたが、手持ちの海外の図鑑でも探せません。

IMG_9850.jpg
2013年5月 舳倉島

トリミングしていない写真だと、こんな遠くでした。
近くにアカハラも止まっていて、この鳥のほうが若干小さく感じました。
いろいろ検討してみて、第一印象の、ツグミだろうと思いました。

kimsbird5687x.jpg

ちょっといたずらして、眉斑を書き入れてみました。
眉班があると、ツグミに見え、たぶん枝の影がかかってこう見えるのかと思います。
おもしろいものですね。
やはり第一印象って、大事ですね。

もし、いや違う、これはなんとかという鳥だ、とわかる方がいらしたらお教え下さい。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コマドリ

コマドリは、いるところには普通にいて、珍しい鳥というわけではありません。
ですが、笹薮の見づらいところなどにいるのと、多少高い山に行かないと見られないので、出会う機会はかぎられます。
オレンジ色でとてもキレイで、ヒンカラカラカラと大きなさえずりが特徴的です。
そんなコマドリのメスを見ることができました。

kimsbird5654.jpg
2013年5月 舳倉島 

オスは見られず、メスばかりでしたが、メスの写真がなかったので、ちょうど良かったです。

比較に以前撮った、オスです。

kimsbird426.jpg
2006年4月 群馬県

胸のオレンジとの境い目がはっきりしています。
もう少ししたら、今年も探しに行こうと考えています。
首尾良く見られましたら、また紹介させてもらいます。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオルリ メス

kimsbird5653.jpg
2013年5月 舳倉島

この鳥が目の前の枝に止まった時、んッ、なんだっけ?
周りには、ノビタキが数個体いる雑草地です。
オオルリのメス、と浮かぶまで、時間がかかりました。
オオルリは林の中、という先入観があったのだと思います。

ついでに島にいたオスです。

IMG_9838.jpg
2013年5月 舳倉島

シャッターを切ると同時に飛ばれました。
こんな写真ですが、いたという証拠になれば…
この雌雄(別々に確認)以外、見ませんでした。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ノジコ

ノジコは、バードウォッチングをはじめてすぐの頃、尾瀬で出会っていました。
飛んで来て、真上の枝に止まってくれたので、お腹の写真を撮りました。
まだ識別もままならない頃でしたので、それがノジコだったとわかるまで、だいぶ時間がかかりました。
その後も、少ないながらも写真を撮る機会がありましたが、まともに撮れたことがありませんでした。
そんなノジコが、目の前にいました。

kimsbird5680.jpg
2013年5月 舳倉島

地上で餌を探したり、樹に止まったり、初見の鳥たちに出会えたことと同じか、それ以上にうれしかったりしました。あまり縁のない鳥、と思ってしまっている鳥たちのひとつでしたが、ノジコは、そのリストから削除です。

似ている鳥に、アオジがいます。
違いの細かいところは、図鑑にゆずるとして、アオジの写真です。

kimsbird0288.jpg
2006年1月 群馬県

これは冬羽ですが、目の周りの白がはっきり確認出来ます。
アオジとノジコにかぎらず、細部を良く見ないと間違ってしまいますし、見逃してしまこともあるでしょうから、気をつけたいですね。
まあ、鳥に限ったことではありませんけど…?

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カラアカハラ

前記事で、ツグミ類が普通にいたと書きましたが、うれしいことに、カラアカハラが結構いました。

kimsbird5679.jpg
2013年5月 舳倉島

日本ではほとんど見ることが出来ない鳥です。
まれに西日本の方で見られるようですが、私なんかがおいそれと見られるわけではないので、島に行った甲斐がありました。
あっさりと、しかも数個体確認することが出来て、うれしかったです。

kimsbird5666.jpg
2013年5月 舳倉島

青みがかったグレーとでも表現するのでしょうか、お腹の赤い色との対比で、とでもキレイな鳥でした。
アカハラ、シロハラ、ツグミ、ハチジョウツグミ、カラアカハラ、私は見ていませんが、クロツグミもいたそうです。そしてもう一種類、トラツグミを貼っておきます。

kimsbird5685.jpg
2013年5月 舳倉島

この冬は、一度見に行って見られなかったので、リベンジできました。



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ハチジョウツグミ

舳倉島には、分校があったようです。
今は使われなくなったため、小さな校庭は草が生えて、野鳥たちには好都合なようでした。
そんな校庭に、とても紅くキレイな、ハチジョウツグミがいました。

kimsbird5673.jpg
2013年5月 舳倉島

時々、関東でも見られますが、関東では、こんなにキレイなのは、ほとんど見られないと思います。
今まで見た中で、一番キレイに感じました。
普通のツグミとの交雑だろうと思える、黒っぽい個体を見ることが多いです。
そんな個体は、八畳でなく、四畳半とか呼ばれます。
今回の舳倉島では、ツグミ類は普通にみられました。
近くで見られた、アカハラも貼ってみます。

kimsbird5672.jpg
2013年5月 舳倉島

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

フクロウ

舳倉島の野鳥の紹介を一休みして、ちょっと箸休め。
4日になんとか帰ってきて、5日は家族サービスです。
とは言っても、さすがに遠くに行くほどの気力はありません。
割りと近くで、どこかないかなと相談して、館林のこいのぼり、を見に行ってみました。
つつじで混んでいるかと思いましたが、そこそこで、駐車場も楽に停められました。

IMG_0834.jpg

ゴールデンウィークだけに、イベントもやっていて、お昼もそこで食べました。
天気も良く、気持ちいい一日でした。

IMG_0838.jpg

帰りに寄り道して、フクロウを見てきました。

kimsbird5700.jpg
2013年5月 栃木県

数人が見ていて、探す手間が省けます。
一人では探せそうもない高いところにいました。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒメコウテンシ

民宿近くの荒地で、マミジロタヒバリだと思った鳥を見ました。
が、カメラを構えた途端飛ばれ、もう一度確認したくて何度か足を運びました。
その近くで見ることが出来たのが、このヒメコウテンシという名前の鳥です。

kimsbird5693.jpg
ヒメコウテンシ 2013年5月 舳倉島

なんともステキな名前ですが、ヒバリの仲間で、色合い的には地味です。
この春は、奄美で群れが見られたりしたようで、ちょっといつもの年と違う感じです。
日本ではほとんど見られないいわゆる珍鳥ですが、渡っているときに天気が悪くなったり、強風で流されて、ルートがずれたのかと思われます。
そのうちの一羽がいてくれて、うれしかったです。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヤツガシラ

初日、舳倉島に着いて、早速探鳥開始です。
はじめて上陸したわけですので、どこをどのように行けばいいのかわからなかったわけですが、そこら中に鳥はいました。(珍しいかどうかは別にしてー)
ですから、気の向くままに歩いて見ました。
そんな途中、なんの気なしに道をまがったところで、ヤツガシラが木に止まっていました。

kimsbird5651.jpg
ヤツガシラ 2013年5月 舳倉島

バードウォッチヤーに人気の鳥で、首都圏なんかで見られると、すごい数の人が集まります。
私はこのところ、そういう時は見に行くのを控えるようにしていましたが、こういうところで出会えると、うれしさも倍増しますね。
毎年春の渡りの時に、南西諸島や九州の方で見られますので、特別珍しい鳥というわけではありません。
でも関東では、たまに見られる程度です。
似たような鳥はいませんので、見間違えることはないと思います。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

どんでん返し

今回の舳倉島は、オオルリ、キビタキがほとんどいなくて、ホオジロ類も少なかったのだと思います。
一日目は、寒気のせいなのか不安定な天気で、雨の時間帯もあり、ちょっと寒く感じました。

冬鳥のマヒワは、たくさんいました。

kimsbird5648.jpg
2013年5月 舳倉島

帰る日、ゴールデンウィークだけど道は混んでないかな?という不安を持っていました。
が、それが当たってしまいました。
舳倉から帰る船が輪島に着いたのが4時半過ぎ、高速等を飛ばさなくても、順調なら、余裕はないながら、間に合うはずでした。
それが、無料になったばかりだという、のと里山海道に乗って、ちょっと走ると止まってしまいました。
渋滞です。
どのくらい続いているのか、まったく見当もつかず、ナビで他の道を検索しても、時間のかかる道ばかりで、とりあえずこのまま行くしかありませんでした。
のろのろしか動かない車の列、時間ばかりが過ぎていきます。
まして、ひょっとしたらこれ以上に混んでいるかもしれない金沢はまだまだ先です。
とりあえずレンタカーの営業所に、遅れる旨、電話してみました。
すると、営業時間が20:00までなので、それを過ぎると明日になります、とのこと…、えっ、どうなるの?

徐々にナビの到着予定時刻が、飛行機の時間に近づきます。
これはもう間に合わない!
後の便に空きがあるだろうか?
そもそも、後の便があったかな?
おぼえていません。
いや、レンタカーを返せないから今日は帰れないか?
空港の近くにホテルをとらないといけないだろうけど、どうすりゃいいんだ ?

のろのろ走りながら、いろいろ考えます。
そのうちトイレも行きたくなりました。

と、車が走り出しました。
到着予定時刻が20:10くらいです。
なんとかなるかも!、とトイレも忘れて、私なりに急ぎました。
ここで事故ったら、元も子もないので、ぎりぎり安全運転です。
もう渋滞はありませんように!、と祈りながらも、走って行くと、飛行機の時間は無情にも過ぎました。
もう、後の便に空きがあるのを祈るだけです。

なんとかやっと、レンタカーの営業所に着いたのが、19:55、レンタカーの返却には間に合いました。
営業所のおねえさんと笑顔を交わして、小松空港まで送ってもらいました。

20:05ごろだったと思いますが、空港に着いて、カウンターに行きます。

すみません、渋滞で予約していた便に間に合わなかったのですが、次の…
お客様、申し訳ございません。
お客様が予定していた便は、まだ飛んでおりません。
到着が10分遅れ、機体整備中でございます。
整備の結果によっては、欠航になるかもしれません。
ほんとうに申し訳ございません。

えっ、どういうこと?、整備がうまくいけば、乗れると言うこと?
欠航の場合は、こっちに責任はなくなり、航空会社がいろいろやってくれて、これ以上お金もかからないということ?
その上、こちらが悪いと思っていたのに、逆に謝られてしまった。

なんという、どんでん返し!!

結局、予定時刻を45分遅れで、離陸。
無事?、帰ってきました。
あーあ、疲れました。
そうそう、トイレは飛行機に乗る前に、ゆっくり入ることができました。

次回から、舳倉島の鳥を紹介します。

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

舳倉島

石川県輪島市から船に乗って一時間半、舳倉島という島に行って来ました。
5月2日に家を出て、輪島に泊まって、3日、4日の計画でした。
この島は、バードウォッチングのメッカです。
数時間あれば、一周出来てしまう小さな島ですが、春秋の渡りの時期に渡り鳥が羽を休めて行きます。
位置的に、大陸系の、日本ではあまり確認されない、いわゆる珍鳥が見られることが良くあり、バードウォッチャーなら一度は行って見たい所です。
いつかは行きたいと思っていましたが、今年はなんとか日程が取れそうだったので、家族の了解を得て、ちょっと余裕のない計画をたてました。
それが、帰りに、"どうしよう"という事態になることになるのですが、それは次回書きます。

kimsbird5696.jpg

100人くらい乗れる船ですが、欠航が割りと多いようなので、島に泊まって、次の日欠航になるといろいろ困るので、そのつど輪島に帰ることにしました。
そんな無駄の多い鳥見で、果たしてどのくらい成果があるのか不安でしたが、はじめてでしたので、そこそこ楽しかったです。

今回は、たくさんいた、アトリです。
kimsbird5671.jpg
2013年5月 舳倉島

この写真は夏羽です。
日本で越冬しますが、数千の群れが見られる地域もあります。
この冬は、全国で多く、わが茨城でもすごい群れがいた地区もあったようです。
でも私はこの冬、アトリに会えなかったのですが、帳消しが出来ました。

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

セイタカシギ

ツルシギに出会えたところの近くに、セイタカシギがいました。
10羽の群れで盛んに採餌していました。

kimsbird5634.jpg
セイタカシギ 2013年4月 茨城県

前回のシギチ探しの時も、10羽くらいの群れを見ましたが、場所と時期が違いますので、別の群れでしょう。
今シーズンは、各地で群れで確認されてるようで、例年より多いような気がします。
今でこそ普通に見られますが、20年以上前は、珍鳥だったと記憶しています。
バードウォッチングを始めたばかりの頃、図鑑を見ながら、見てみたいな、と思っていたのを憶えています。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ツルシギ

前回シギチに会いに田んぼに行った時、ツルシギに会えませんでした。
例年ですと、まず間違いなく会えるのですが、どうしたのだろうと思いました。
ゴールデンウィークの前半、家族で遊びに行った途中で、ちょっと寄り道してみましたら、たった一羽でしたが、出会うことができました。
それも黒く換羽した個体で、ラッキーでした。

kimsbird5642.jpg
ツルシギ 2013年4月 茨城県

秋口に見られる個体は、冬羽や幼羽で、同じ種類とは思えない羽衣です。

kimsbirdTsurushigi.jpg
ツルシギ 2005年10月 茨城県

これは以前撮ったものですが、今年も秋に出会えたら、似ているアカアシシギと対比してみたいと思います。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

クロツグミ

前回、オオルリが三大鳴鳥と書きましたが、あとは、ウグイス、コマドリです。
三大鳴鳥に劣らない美声の持ち主に、クロツグミがいます。
早朝に木のテッペンなどでさえずりますので、存在に気づきます。
私はいつも遠くにいるところばかり見て、警戒心が強い印象です。

kimsbird5589.jpg
クロツグミ 2013年4月 栃木県

今回も遠くで採餌しているのに気づき、ショボい写真しか撮れませんでした。
そのうちリベンジしたいと思います。
この写真では、どんな鳥なのかわかりませんので、参考に、以前撮ったものを貼っておきます。

kimsbird3138.jpg
クロツグミ 2010年5月 福島県

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

CalendArchive
プロフィール

kim

Author:kim
茨城県在住
趣味でバードウオッチングをしています。

最新記事一覧
蝶 なぞ 2017/08/20
石垣島 2017 夏 ⑦ 2017/08/19
石垣島 2017 夏 ⑥ 2017/08/18
しじみとしおから 2017/08/17
寄り道 2017/08/16
石垣島 2017 夏 ⑤ 2017/08/15
石垣島 2017 夏 ④ 2017/08/14
ジブリ美術館 その② 2017/08/13
ジブリ美術館 2017/08/12
石垣島 2017 夏 ③ 2017/08/11
石垣島 2017 夏 ② 2017/08/10
石垣島 2017 夏 ① 2017/08/09
他に撮ったもの 2017/08/07
今度はいたよ! 2017/08/06
トンボなぞ 2017/08/05
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

windy
検索フォーム
リンク
QRコード
QR